環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

地域での活動

私たちは地域とともに生きる企業でありたいと考え、事業活動に加えて、さまざまな環境保全・社会貢献活動に取り組んでいます。

環境啓発活動
社会貢献活動

清掃活動
■ラブリバーパートナーシップ  ■8 8 クリーンウォーク  ■高知市七河川一斉清掃  ■町内清掃活動

環境啓発活動

環境教育・環境学習
■調査、分析の指導

 環境調査の専門職員が皆様のご要望に沿った環境教育・学習のメニューを作成し、実際に指導します。その際には、調査結果と環境のつながりがわかるようなカリキュラムを作成しています。

親子渓流観察会

親子渓流観察会
渓流の生き物調査

 

小学生環境学習

小学生環境学習
パックテストを用いた水質調査

環境学習
■環境保全に関する講義

 当社では環境問題に対する啓発活動にも力を入れており、地域の学校等へ専門職員を派遣して、環境に関する講義を行っています。
 主な対象者は学生や生徒さんたちですが、先生方や環境関連のN P O の方など、環境教育に携わる方々への指導・アドバイスも行っています。

大学での講義の様子

大学での講義の様子
近自然工法(河川)の説明

 

小学校での総合学習出前講座の様子

小学校での総合学習出前講座の様子
水質調査とその結果の説明

実施後の感想やアンケートでは、現場を知っている技術者の講義ということもあり、好評を得ています。今後も多くの方に環境問題に関する正しい知識をもっていただけるよう、情報をお伝えしていきます。
■先進地視察の企画・案内

 近自然工法を用いた『川づくり』や、環境調査をベースにした『森づくり』、環境に配慮した『敷地づくり』などの施工箇所をご案内しています。県外の自治体や企業の方々からも好評を得ています。

近自然工法の現地案内

近自然工法の現地案内
高知市近郊の渓流

 

森づくりの現地案内

森づくりの現地案内
高知市近郊の里山

 

環境配慮型敷地づくりの現地案内

環境配慮型敷地づくりの現地案内
サンデンフォレスト

自然環境の再生は完了後すぐに結果が出るものばかりではありません。施工後、数年を経て再生された環境を見ていただくことで当社が提案する再生方法をより深く理解していただけるものと考えています。
ページの先頭へ
勉強会の開催(バイオフィット研究会)

 バイオフィット“ B I O F I T ” とは「生物の健康を維持していくうえでの最良のコンディションの確保」という意味です。この理念をもとに平成2 年に発足した「バイオフィット研究会」では、自然と共生する健康な地域づくりを目指し、勉強会や先進地視察を行っています。
(開催リスト参照)

定例会

定例会には、高知県内外から学識者、行政、民間企業、市民グループなど多くの方々が参加

 

バイオフィット研究会 i n 網走

バイオフィット研究会 i n 網走「川を守った海が生き残る」での現場視察

研究会では、全国各地の近自然工法による施工事例の紹介や、近自然コンセプトにもとづく森づくり、まちづくりの提案を行っています。また、これらの普及啓発活動を通じて広がった人的ネットワークから、自然再生、景観、エコ産業、文化等、さまざまな分野の専門家を招きご講演いただくなど、最新の情報発信と参加者間の交流に努めています。
ページの先頭へ
環境関連イベントへの出展
 当社の環境保全に関する活動を広く知っていただくために、環境関連イベントへの出展を行っています。
 近年では『地球温暖化防止』や『生物多様性』に関するイベントに参加しました。
生物多様性

生物多様性E X P O i n 大阪

生物多様性E X P O i n 大阪
当社のブース

 

パネルを前に当社職員が説明中

パネルを前に当社職員が説明中

ページの先頭へ

社会貢献活動

清掃活動
■ラブリバーパートナーシップ
 ラブリバーパートナーシップでは、河川を取り巻く住民と行政( 国土交通省) が一体となって清掃美化活動を行い環境の保全を図るとともに、河川環境に対する意識の高揚を図っています。

感謝状

感謝状 (高知河川国道事務所長表彰)

開始の挨拶

開始の挨拶

 

木々に絡みつくビニールゴミ

木々に絡みつくビニールゴミ

 

分別ができていないゴミを再度分別

分別ができていないゴミを再度分別

写真はすべて『平成23年度 河川愛護月間』時の清掃活動の様子です。
この日は、他の清掃グループや国土交通省の職員の皆さんと1 時間ほどかけて、清流仁淀川の藪の中のゴミや木々に絡みついたビニールゴミなどをていねいに取り除きました。年々ゴミは減っており、特に大型のゴミは数える程度になりました。
ページの先頭へ