環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

業務案内

小動物(両生類・爬虫類・哺乳類)調査

 特定の地域に生息する小動物(両生類、爬虫類、哺乳類)の種類や数、生息状況を調査します。
 調査は、対象とする小動物の特性にあわせて直接目撃法、フィールドサイン法、トラップ法などを組み合わせて行います。昼間に目撃することが困難である哺乳類については、夜間に自動撮影装置を用いて種の確認を行います。
 また、調査結果に基づき、環境の保全・再生計画の策定、工事に関する事業の環境アセスメント・モニタリング調査を行います。
生息状況調査・生態調査 等
主な調査実績

両生類・爬虫類・哺乳類の生息状況調査(河川水辺の国勢調査)
環境アセスメント(各種事業の小動物に対する影響予測・評価・保全対策の検討
  (ダム、河川、道路など))
事業に伴うモニタリング調査
調整池におけるカメ類の産卵場所の創出

シマヘビ
直接目撃法

ニホンアカガエルの卵塊

ニホンアカガエルの卵塊

  活動している動物種や産卵された卵塊などを直接目視によって確認します。
フィールドサイン法

カヤネズミの巣

カヤネズミの巣

 

タヌキの足跡

タヌキの足跡

  林縁や河原の砂地にできたタヌキやイノシシの足跡、動物の通り道(けもの道)などによって種を確認します。
自動撮影装置による夜間撮影

タヌキ

タヌキ

   
代表的な受託業務
・平成29年度 利岡地区経営体育成基盤整備環境調査委託業務(高知県 幡多農業振興センター)
・平成28年度 三里地区経営体育成基盤整備環境調査委託業務(高知県 幡多農業振興センター)
・平成26年度 宮前地区環境調査検討業務(国土交通省 吉野川ダム統合管理事務所)
・平成24年度 物部川・仁淀川両生類・爬虫類・哺乳類調査業務(国土交通省 高知河川国道事務所)
ページの先頭へ