環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

業務案内

陸上昆虫類調査

 特定の地域に生息する陸上昆虫類(チョウ類、バッタ類、トンボ類、コウチュウ類など)の種類や数、生息状況を調査します。調査は、調査箇所の環境や対象とする昆虫類にあわせて任意採集法、ライトトラップ法などを組み合わせて実施します。
 また、調査結果を基に、自然環境の保全・再生計画の策定、事業の環境アセスメント・モニタリング、重要種の保全にかかわる対策の提案を行います。
 なお、当社では、環境に配慮した独自の調査方法を開発し、現地調査に取り入れています。
生息状況調査・生態調査 等
主な調査実績
陸上昆虫類等の生息状況調査(河川水辺の国勢調査)
環境アセスメント(各種事業の昆虫類に対する予測・評価・保全対策の検討
  (ダム、河川、道路など))
事業実施に伴うモニタリング調査
重要種の生息地保全の対策
ホタルの生息環境の創出
任意採集法
任意採集法
捕虫網やたたき網などを用いて採集・記録します。
ライトトラップ法
ライトトラップ法
光に集まる昆虫類の習性を利用し採集します。

アオスジアゲハ

ゲンジボタル

ツチイナゴ

代表的な受託業務
・平成17年度 井口谷・つえ谷地区自然環境調査業務委託(国土交通省 四国山地砂防事務所)
・平成20年度 仁淀川・物部川陸上昆虫類等調査業務委託(国土交通省 高知河川国道事務所)
・平成20年度 水辺の国勢調査業務委託(陸上昆虫外)(国土交通省 山鳥坂ダム工事事務所)
・平成21年度 仁淀川下流生態系等調査業務委託(国土交通省 高知河川国道事務所)
ページの先頭へ