環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

近自然工法=人間活動と生物生存両立のコンセプト

スイスで誕生した近自然工法

 「近自然」と訳されたドイツ語の「Naturnaher」は、それぞれの地域気候と地理的条件の中で、大気、水、土壌の働きと生態系の食物連鎖の関係を本来の自然に近づけるという概念を持っています。自然生態系の復元にあたって、まず注目するのは、さまざまな生き物が棲み分けして集まる、河畔や林縁といった、異なる生態系が接する境界部です。

近自然工法の基本的な概念図

 近自然河川工法を誕生させたクリスチャン・ゲルディ氏は「景観(ラントシャフト)は、人々の心情に影響を与え、創造性を育む印象の源であり、文化の現れである。」といっています。 景観(ラントシャフト)が人間に与える影響を考えれば、自然や動植物が生き生きと生息していける環境を保護することは人間の責任であり、人間と生物が調和して生きてこそ、人類の発展があるといえるでしょう。近自然工法は、人間活動と生物生存両立のためのコンセプトです。
(クリスチャン・ゲルディ・福留脩文. 1990. 近自然河川工法−生命系の土木建設技術を求めて−. 近自然河川工法研究会)。

「私たちは、私たちが自覚している以上に、景観(ラントシャフト)から栄養を吸収して社会生活を営んでいる」

ヨーゼフ・シュミットヒューゼン (「ジードルングとラントシャフトにより多くの自然を」 P62)

子どもたちの遊び場

公園内の暗渠を解放し再生した小川は、子どもたちの遊び場に

 

都市空間での生態系復元

都市空間での生態系復元は、人々に潤いや安らぎを与えるだけでなく、環境問題を見直し循環型社会の構築をめざすきっかけともなりうる

 

再活性化し保護

農村集落内の河川や湖沼、森林、農地などをエコロジカルに再活性化し保護していくことは、農村の生活環境の質的向上につながる

ページの先頭へ